MENU

① まず確認すべきは、『NURO光 対応エリア』で検索を!!

流山市でNURO光を、今契約するなら、期間限定のキャッシュバックキャンペーンが適用になります。

「ネットのみの契約」か、「ネット+電話回線」を選ぶことによって、5千円の違いがありますが、今こちらのキャンペーンに、webフォームから申込んだ場合、確実にキャッシュバックが適用されます。

※ web申込みをしても、あとから申込み内容について、電話かメールにて、確実に詳しい内容確認がありますので、そのときにどのキャンペーンを選ぶか決めることができます。

 

② もし該当地位なら、すぐにwebフォームから即、申込可能!!
 <<webフォーム申込限定キャンペーン>>から申し込んで頂いた方に、
 最低、『必ず』3万円キャッシュバック!!(※ webフォーム申込後に連絡があります)

NURO光は、速度面で、国内最速級(地域の状況によって若干誤差があります)なので、

関東県内で、スピードを求めている方のほとんどが、まずNURO光を選んでいます。

webフォームから申込むだけで、通常の申込とは別に、『必ず』3 万円のキャンペーンが実施中です!


最高2GBという業界最速の回線!電話申込ならさらに+5000円!!<<webフォーム申込み限定>>
乗換の場合は、前のプロバイダーの解約など、後ほど連絡があるので安心!!



今なら『NURO光 3〜3.5万円キャンペーン』が実施中ですので、ぜひキャンペーン期間内にご応募ください。
(キャンペーンの内容が変わってしまうこともあるようなので、NURO光に決めている場合は、早めにwebフォーム応募すると確実に特典が受けられます。)

※ もし迷っている場合でも、webフォーム申込み後に、連絡がある際に内容確認が可能です!
安定している業界最速のNURO光で、快適なネットライフを!!

(『最低3万円キャンペーン』は、期間限定なので、今後内容が変わってしまう可能性もありますので、お早めに)



⇒【NURO光】業界最速!3万円キャッシュバックキャンペーン
 最短1カ月還元!はコチラ





 

Q&A地域情報

    

     チック症 先端恐怖症について 私は20代前半の男性です。

    下記の精神的な症状が出ているのですが、該当する障害、あるいは病気があるかを教えていただけますでしょうか。

    上手に説明できない点もありますが、ご意見賜りたく。

    ・先端を直視できないということがある →計算しているとまずはいけない。

    無意識でいたらそんなに問題等はでない。

    直視できない商品は、PCのポインタ、紙の四隅、ペンの先、葉っぱの先 など。

    不安という感覚はなさそうですから、「うっ」となり目を押さえてしまう。

    ・PCをプレイする際、無意識下出ない限り右目を覆いたくて仕方がない →普段就業先ではハンカチで片目をぐっと抑えています。

    何時間か経つと、だんだん抑えなくても平気になります。

    PCだけでなく、紙にペンでなにか書いているときもなります。

    そこが何よりも難儀に感じています。

    ・会議中や、就職でレクチャーを受けている際、耐え難い気分に襲われるケースがある →賢くいえませんが、閉塞感というか、はやく開放されたくて仕方がない気分になります。

    面接などでも起こります。

    右目を抑えたり、太ももを深々とつねったりして耐えています。

    ・狭くてごみごみした空間にいると、一刻も瞬時に外に出たくなる →ドン・キホーテのような狭くて人が数多く、多様にな情報(物品)がひしめいている空間にいると、品のパッケージの先端が嫌なという事も手伝って、かなり息苦しく感じる現象があります。

    ・健康的にてバラエティに富んでな色がある空間に数道いると、実際上離れした感覚になり、集中力がかける →単純に疲れ目?かもしれませんが、もしも晴れた日の遊園地のパレードを見ているとボーっとして僕が映画の中の人物のように感じられ、地に足の着いていない感覚になります。

    備考: 8歳の頃よりチック症で、目をぎゅっとつぶったり、顔をくしゃっとしたりする症状がありました。

    このごろの症状は、首を立てにカクカクすること。

    そして、円錐角膜で何をおいても右目の視力はかなりリーズナブルなです。

    中学生くらいのころは両手をあげて大きく精神病院に通院したり、カウンセリングを受けていたりしましたが、これまで日常習慣に支障があるというはずではありませんので、治りそうにもなかったのだから、遠い事病院にはいっていません。

    いい加減自分の事についてはっきりさせたく、ご質問させていただきます。

    精神科か心療内科に行こうと思っています。

    頂いたご回答を参考にし、医師に上手に考察できるようにすることが使用目的です。